2005年01月16日

☆69−sixtynine−斬り☆

69 sixty nine

今日はずっと前に借りてあった、クドカン脚本の映画、「69-sixtynine-」を観ました。
クドカンと言えば!!「IWGP」「木更津キャッツアイ」ですよねー。

特にとも兄さんは「木更津キャッツアイ」が大好きなんですよ!!
あのドラマは全てが面白かった。。配役もあれ以外考えられないくらいマッチしてたし。

ウッチーもいいキャラで好きだけど、なんと言っても猫田でしょー(笑)
あのキャラは凄かった・・・。あれを演じきった阿部サダヲさんも凄かった。。

もうボックスセットは買ったし、映画の日本シリーズも迷わず買いました。コンプリートです。
それぐらい「木更津キャッツアイ」にはハマッたんで、「69-sixtynine-」も超期待しつつ観たんですよ。

すると・・・・・

どーしましょう・・・。面白くない・・。全体的な感想として面白くない・・・。

まずですよ。話の舞台が1969年の長崎。ですのでみんな長崎弁
さっぱり分かりません。集中して聞いてないと、所々言ってる事が分からないんです。

それに話の内容も分かりづらかったです。大体の流れは分かるんですけど
なんだろ・・・トータル的によくわからないんですよ。

下ネタ多かったですねー。もう最初の話の入りから下ネタでした。
妻夫木聡さんが下ネタをドンドン言ってるのがイメージと違って新鮮でした。
こんな汚れみたいな役もやるんだなぁと。

あ!すごい汚い映像もありましたよ。ある登場人物がうん○するシーンがあるんですけど、
思いっきり映像に出てます。しかも下痢のが。カレーかなんかで代用してるのは
頭では分かってるんですけど、リアル過ぎて気分悪くなりました
間違っても食事しながらは観ない方がいいです。

最後の方は飽きずに楽しめましたねー。みんなの団結力が「木更津キャッツアイ」を
思い起こさせるようないい感じでした。

最初の方は退屈でしょーがないです。。何度、続きは明日にしよーかな・・・と思ったことか。
クドカン作品だから期待してたのになー。。残念。。


69 sixty nine プレミアムセット
李相日

関連商品
妻夫木聡・安藤政信 in 69 ~映画という名の終わらない祭り~
KEN&ADAMA -69 sixty nine- 妻夫木聡×安藤政信
ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)
砦なき者
きょうのできごと プレミアムセット
by G-Tools
posted by とも兄さん at 01:34| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆さ行☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1593944

この記事へのトラックバック

69-sixty nine-
Excerpt: つっぱしれ、おされでダサくあれ、それが青春。な映画。 井川ファラウェイ。 マシューズBestHitTVで、彼女がそう呼ばれてから、 gajinは井川遥ファンになりました。 癒し系ブームから..
Weblog: ★映画覚書★  女子大生gajinのやさぐれ映画日記。『アレキサンダー』 UP!
Tracked: 2005-02-01 01:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。