2005年01月18日

☆es−エス−斬り☆

es[エス]

先週、近くのレンタルショップが旧作半額Dayをやっていたので
前々から気になっていた「es」を借りてきました。

裏をみると、面白そうなんですよねぇー。刑務所で一般人が看守と囚人に別れて
2週間の実験。果たして実験はどーなるのか?みたいな。

これはほとんどどんな内容か知らずに観ました。
出演してる役者さん達もまったく見たことがない・・・・。

内容は・・・ネタバレありですのであしからず

非常に面白かったです!!そして非常にムカついてきます!!

最初の1時間は、内容がうまくつかめないし、あまり話が発展しないため退屈でした。
しかし!最後の30分はもう。怒涛の展開です。これこそ「手に汗握る」という表現があってるかも。

主人公最初、髪の毛フサフサなんですよ。ジャケットでは坊主だったのに。
あれ?と思いながら観ていたら、あー。あー。なるほど。ここで坊主になるのか。

最初の1日は温和に過ぎるんですけどね、2日目から有り得ないんですよ。
看守側が調子に乗りまくりになっちゃうんです。おまえらはただの一般人だろう・・と何度突っ込んだか。

もうその勘違いのエスカレートぶりにはホントに頭に来てしまいました。
特に、プレスリーものまねのデブワキガのおっさん。あいつらだけは許せん。この手でぶっ飛ばしたい。

ようやく最後の方で囚人達の反撃が始まった頃は、嬉しくて嬉しくて、「ぶっ殺せ!!」と叫んだくらいです。
そのくらいムカつきます。デブの方は死んでくれてスッキリ。ワキガは殺した方が良かった。
声を大にして言ってやりたい。「おまえは臭いから近寄るな」と。「臭いから飛行機に乗れないんだ」と。

教授は自業自得かな。助教授?の女の人は何度も中止を訴えてたのにさ。

疑問点もいくつかあるんですが、結局あの実験はなんのためだったの?謎だ・・・・。
そしてあの軍人。なぜ軍人は紛れてたのか。。。それも。。
最後に主人公はいったい、どんな人だったの?タクシーの運転手?記者?あの眼鏡のカメラは。。。

まぁいっか。映画だしね。細かいとこを気にしてたら映画なんて楽しめません

でも、実際ああいう怪しい実験とかってあるんですかね?死体洗いとかは実際にあるじゃないですか。
どーなんだろ・・。知らないところで想像もしない様な事ってありそうですよねー。特にアメリカ
警察が3つもある時点で怪しすぎます。


es[エス]
モーリッツ・ブライプトロイ クリスティアン・ベッケル ユストゥス・フォン・ドーナニー オリバー・ヒルツェヴィゲル マリオ・ジョルダーノ

関連商品
カンパニーマン
ドニー・ダーコ
π(パイ)
CUBE2 キューブ 2 特別版
ゴーストシップ 特別版
by G-Tools
posted by とも兄さん at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆あ行☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1621417

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。