2005年01月30日

☆LOVERS斬り☆

LOVERS

今日はLOVERS(ラヴァーズ)を観ましたよ。
なんか、すっごい久々に映画を観た気がします。実際、1週間以上観てなかったかも。

一昨日も昨日もレンタルショップに寄ったんですが、「バイオハザード2」「テイキング・ライブス
どちらも相変わらずありません。。「バイオハザード2」に至っては、20本近くあるのに
行くたび行くたび、毎回ないという・・。そんな人気ありましたっけ?1の時。

で、もういい加減映画何かしら観たいなぁーと探してたら、発見したのがこれ。
中国映画の「LOVERS」。1本だけあったので、思わず借りてしまいました。

ただ、中国映画はねー。一昨年でしたっけ?「HERO-英雄-」を映画館まで観に行ったんですよ。
CMの「あなたはまだ本当のヒーローを知らない」っていう文句に惹かれて。
するとどうですか。・・・・あれ?この映画って面白いとか、つまらないとか良く分からん、て。
映像はひらすら綺麗で感心しましたが、話の内容がね・・・。全て妄想!?みたいな。

この「LOVERS」のスタッフがほぼ「HERO-英雄-」の人達だということで、あまり期待せずに観たんですよ。

いざ、観終わってみると・・・なんと!なんと!!面白いではないですか!!!!
「HERO-英雄-」の何倍も。最後の方なんて感動してしまいましたもん。

相変わらず、映像も綺麗でとも兄さん的には大満足です。
出演者も金城武、チャン・ツィー、アンディ・ラウと知ってる人達ばかり。

でも思ったんですが、中国映画って登場人物少なくありません?必要最低限の人数しか出てこないというか。
24-TWENTY FOUR-じゃ、ちょっと待ってくれ!といいたくなるぐらい多く重要そうな人が出てくるのに。

ストーリー自体も結構いろんな所で裏切ってくれて、予想外の展開になり、飽きずに観れました。
みんな超強い。中国映画に出てくる人達は人間じゃありません

とにかくこの映画は一見の価値ありです。

で、ここから色々突っ込みたいのですが、中国映画・・・・ワイヤーアクション使いすぎ
「グリーン・ディスティニー」からそうですが、不自然にみんな飛びすぎです。
ワイヤーアクションってあーゆー風に使うものなんですか?
もっと自然な動きっぽく撮って、観客におぉー!と思わせるんじゃないかと。
明らかにワイヤー使ってます!!な動きなんで、出てくる感想は、またかよ・・・・です。

おもったんですけど、そーゆー映画って必ずと言っていいほどチャン・ツィー出てますね。
もうワイヤーにも慣れっこでしょう。。

チャン・ツィーと言えば!!ちょこっとラブ・シーンがあるんですが、驚く程肌が白いです。
観てて、あとちょっとで見えるのに!よりかは、白っ!!て驚いてしまいます。

ちょっとネタバレしてしまうかもしれませんが
最後のアンディ・ラウ(役の名前忘れた)ただのストーカーだと思いません?
違う男と付き合う事に怒り狂って、彼女を殺し、そして彼氏を待ち伏せして彼氏も殺そうとする。

観てて怖かったですよ。あれは確実にストーカー殺人です。
あれを愛と呼ぶ人は頭おかしいです


LOVERS プレミアムBOX

関連商品
LOVERS外伝 もうひとつの"愛"の軌跡
ターンレフト・ターンライト 特別版
パラダイス!
世界の涯てに
ピックアップ・アーティスト
by G-Tools
【関連する記事】
posted by とも兄さん at 01:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆ら行☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「LOVERS」〜チャン・イーモウはすごい
Excerpt:  2004年中国監督/チャン・イーモウ衣装/ワダエミ美術/フォ・ティンシャオ出演/金城武 チャン・ツィイー アンディ・ラウ9世紀の中国。唐王朝に敵対する組織’飛刀門’を倒すため、捕吏のリウ(ラウ)とジ..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2005-10-31 18:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。