2005年03月02日

☆リディック斬り☆

リディック 通常版
さて、この前に引き続き「リディック」を観ました。
巷ではつまらないと評判の「リディック」
でも「ピッチブラック」はそれなりに面白かったですからねぇ・・・おーおーおー。「ピッチブラック」で生き残った人達はみんな出てる!
ちゃんとした続編なんだねー。少しだけだけど、ストーリーも引きずってるし。

ただ「ん?」と思うのが、リディックこんなに強くなかったってば。
「ピッチブラック」ではたかが賞金稼ぎ野郎1人に捕まってたけど
「リディック」では名前がタイトルになっちゃうくらい強かった・・。
何人に囲まれようと倒してましたし。あきらかに強くなってる。
まぁ、あのぐらいは強くないとね。主人公なんだから。

で、ストーリーは継承してるけど、映画自体のジャンルは別物かと。
「ピッチブラック」はパニックムービー。
「リディック」SF超大作。
続編なのに、ジャンルが全く違うなんて・・・。

そして肝心の「リディック」の面白さはどうだったか・・。
はっきり言いましょう。お金の無駄です(笑)
膨大な費用がかかっているのがすごい分かるのですが、ちっとも面白くない。

とりあえずストーリーに一貫性がない。一体なんの話なのかと聞きたい。
全部中途半端な感じなんですよねー。リディックは何人だったのかさっぱりだし。
へその緒だけで決め付けるのはどうか。生まれてきた赤ちゃんには誰でも付いてる訳だし。

あと、敵の名前の「ネクロモンガー」って。笑っちゃったよ。ダークな感じを出しながら
可愛さも兼ね備えた名前なんだもん。

うーん。本当につまらないよ(笑)やっぱり大作にはそれなりの期待感を持っちゃう
じゃないですか。それが見事に裏切られるます。
でも、あんな冒険映画作るのは日本じゃ無理だよなぁ。失敗したらタダじゃ済まない。
向こうじゃ、公開してみなきゃ分からない!と大金かけまくるもんなぁ。
そうやって駄作ももちろん生まれるけど、超ヒット作も生まれる訳ですよ。

だから、日本ではヒットの確立の高い続編や、原作大ヒットを採用する。
ある意味正しい選択だけど、もうちっと冒険しても・・・。
そうすれば、天才と呼ばれる人も生まれてくるはずですよ。
他の方のランキングはこちら!


リディック / ピッチブラック ツインパック
ヴィン・ディーゼル

関連商品
ヘルボーイ デラックス・コレクターズ・エディション
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
ゴッド・ディーバ 通常版
ペイチェック 消された記憶
トルク
by G-Tools

【関連する記事】
posted by とも兄さん at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ら行☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2211222

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。