2005年04月08日

弘海-息子が海に還る朝-

弘海 -息子が海に還る朝
さて、今日は映画ではなく本です。
「いま、会いにゆきます」を書いた市川拓司さんの最新作。
前作の「そのときは彼によろしく」が素晴らしかったので期待しまくりで。そんなに長くもなく短くもなくちょうどいい長さでした。
相変わらず市川拓司ワールドは健在で物語全体に温かみを感じさせる文体。
非常に読みやすいですしね。

ただ・・・感動はしましたが面白くありませんでした。うーん。。
過去の作品と比べてもとも兄さん的には一番下かも。
親からの視点での物語ってのがダメなのかもしれない。
リアルに感じる事ができないから。感動はしても他人事だから?

市川さんの作品に共通する「ありえない」はこの作品でも健在です。
この設定を非難する人がいますが、フィクションなんだからストーリーが良ければ
なんでもありだと思いますよ。映画にも言える事ですけどね。

ですので、次回作に期待!!新刊がでたら必ずまた買いますから。
はやく映画版の「いま、会いにゆきます」も観たいなぁ。
ランキング参加中。


弘海 -息子が海に還る朝
市川 拓司

関連商品
そのときは彼によろしく
Separation
恋愛写真―もうひとつの物語
アジアンタムブルー
ずっと、ずっと、あなたのそばに―映画「いま、会いにゆきます」 澪の物語
by G-Tools

posted by とも兄さん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | とも兄さんの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2849371

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。